お客様の”ウォンツ”に応える

for the customer

1908年にフォードがT型フォードの大量生産を始めてから100年が経ち、今やクルマは 人類の生活に欠かすことができないものになりました。自動車の未来像も自分が子供の時 空想の中の産物であったものが、具現化されているように思います。

今や「中古車販売」と言えば、星の数ほど・掃いて捨てるほどのお店・会社があります。 現れては消え、消えては現れて・・・ご存知の通りです。

弊社は、「お客様の”ウォンツ”に応える」を理念として掲げ、本当にお客様が「ウォンツ(欲しい)」という希望を適正な価格でご提供させていただきます。

そのために、まずはお客様の「ウォンツ(欲しい)」をじっくり聞かせてください。 その想いにお応えする唯一の一台をお届けすることが弊社の使命と考えます。

信頼のネットワーク

Trust network

株式会社AUTO SQUAREは、仕入れ~点検~仕上げまでの各セクションを実績と信頼のある「専門家」にアウトソーシングしております。

各分野の専門家とのネットワークにより確かな品質確保ができることは、弊社の強みです。

実作業をアウトソーシングすることにより、その仕上がりを「お客様=第3者」目線で確認できること、そしてその分、価格が抑えられることによる高品質サービスにつなげています。

  • RID
  • ネッツトヨタ中京株式会社 一宮両郷店
  • 太平自動車

column_title.png

「信頼できるメンテナンス」を考えさせられた体験

一つ、体験談を。

以前、レクサスのLSを中古で購入した際の話です。

もともと車体の右リヤクォーターの塗装の状態が悪かったので 買った車屋さんで板金塗装を依頼しました。そこは、外注業者に委託しているとのことでした。
数日後、納車された車の塗装仕上がりを見て、「うーん・・・」。
確かに治っているようですが、誰にでもわかるような”うねうね感”があり、とても納得できるものではありません。
依頼したお店にやり直しを再度依頼し、納車を待ちました。

仕上がったクルマをみるとやはり前回同様、よくありません。
不満の残る仕上がりの理由を尋ねると「ウチではこれが限界」 との回答でした。
仕上がりも、接客も顧客満足を満たせるものではありませんでした。

column_fig01.jpg

そこで、知り合いに相談したところ、ある工場を紹介してくれました。
その工場は、しっかりこちらの話を聞いてくれ、「これは○○で○○だから△△になるんですよ!今、ウチ でやると、前が○○なんでそれなりの金額とお時間をいただきますが、いかがいたしますか?」と作業内容と金額をしっかりと説明してくれました。
同じ業界でも、こうも違うのかと感じざるを得ません。当然、お願いしました。
仕上がりも満足いくものとなり、本当によかったと思いました。

この体験があるからこそ、弊社は、たくさんの信頼できる修理工場等のネットワークを広げています!。
お客様の満足と安心のために。